源蔵尾根で下山へ

さぁ!ここからは初めての源蔵尾根。しかも下り!気を引き締めていきましょう~

D72_6533.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

源蔵尾根に入っていきなりナイフリッジ出現。

D72_6536.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ドキドキしながら通過したナイフリッジを振り返って撮影。

D72_6544.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ヤセ尾根地帯をクリアして、優しい尾根筋を進みます。

D72_6557.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そしてここが要注意ポイント①。真っ直ぐ尾根筋を進みそうになりますが・・・
黄&赤のビニールテープが目印のポイントで、左に折れて尾根を乗り換えます。

D72_6564.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

しばらく樹林帯を降下していくと、要注意ポイント②に到着。
ピンクテープがぶら下がってる地点で踏跡が二手に分かれますが、ここは左側の踏跡を辿ります。

D72_6569.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そしてジグザグに急降下していくと、堰堤上部に出た~

D72_6573.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ここで本日最後の渡渉をクリアして、堰堤を後にします。

D72_6580.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

林道に合流するとすぐに、檜皮橋を渡る。

D72_6590.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

林道をロボットのよーに歩いて、神ノ川ヒュッテに無事帰還~

D72_6608.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地蔵尾根は急登がハンパなかったので、思ったより時間がかかってしまいましたが、
蛭→臼の丹沢主稜の連続するアップダウンで気持ちが凹みがちな稜線歩きも、
嬉しいコトにシロヤシオ&トウゴクミツバツツジが見頃な感じだったので、
花を愛でながらなんとか歩き通す事が出来ました。
地蔵尾根の取付地点へ渡渉が今回の最大の不安材料でしたが、
歩幅が足りないポイントは思い切ってジャンプしてなんとかクリア!
しかし思い返すと、失敗してドボンしたら間違いなく流される水量だったので、
もっと確実にやり切らねば~と反省する自分なのでした。

丹沢主稜で源蔵尾根へ

トウゴクミツバツツジを横目に主稜を進みます。

D72_6490.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

この階段で急降下した先の鞍部が~

D72_6493.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

神ノ川乗越。

D72_6495.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

乗越の次には必ず登り返しがやってくる・・・

D72_6505.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

クワガタソウ?

D72_6501.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

しばらく進んで~

D72_6514_20180518212535a85.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ベンチの間を通過~

D72_6515.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そしてこの階段で急降下した先の鞍部が~

D72_6522.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

金山谷乗越。

D72_6525.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

乗越の次には必ず登り返しがやってくる・・・

D72_6528.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

すると進行方向右手に細そうな尾根が出現。
おそらくこれが下山に使う源蔵尾根だ。

D72_6530.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ここから再び破線ルート。気を引き締めて下ります。 つづく・・・

丹沢主稜で臼ヶ岳へ

蛭ヶ岳を後にして、臼ヶ岳に向けて薄~い富士山を正面に丹沢主稜を歩き始めます。

54eff886e6a510b27cc25c0bd086fc9b[1]
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

蛭ヶ岳から急降下していると、足元に黄色い花。 キジムシロ?

D72_6414.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

巨木。

D72_6423.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ツツジ咲く快適トレイル。

D72_6430.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ヘンなコブ。

D72_6445.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

満開のトウゴクミツバツツジ。

D72_6451.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

何度かアップダウンを繰り返して~

D72_6460.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

臼ヶ岳直下の展望エリアで振り返ると、蛭ヶ岳があんなに遠くに。

D72_6461.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そして臼ヶ岳にとーちゃく~。

D72_6465.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

臼ヶ岳からはストックを使って下って行きます。ジグザグ階段。

D72_6475.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

神ノ川乗越と金山谷乗越を過ぎると、下山に使う源蔵尾根です。 つづく・・・

丹沢主脈で蛭ヶ岳へ #2

地蔵尾根との格闘でかなりヘロヘロなので、そろそろ足が上がらなくなってきた・・・
振り返って写真を撮るコトを言い訳にして立ち止まる。

D72_6265.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

トウゴグミツバツツジが満開で見頃でした。

D72_6298.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

シロヤシオもキレイに咲いてます。

D72_6295.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

階段地獄を無心で進みます・・・

D72_6311.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そして、いつの間にやら蛭ヶ岳山荘が見えてきて~

D72_6317.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

蛭ヶ岳ピークにとーちゃく~!

D72_6319.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

到着時は貸切り状態の蛭ピーク。 富士山はなんとか薄~く見えます。

D72_6320.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

5回目の蛭ヶ岳登頂で初めての発見!三角点がこんなトコロにありました。
・・・それじゃ山頂標識の足元にある石杭は何?

D72_6328.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

蛭ヶ岳山荘前より宮ヶ瀬湖方面の眺め。霞んじゃってて関東平野はほぼ見えない・・・

D72_6331.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

神奈川県で一番高い場所に建つ建造物。 蛭ヶ岳山荘。

D72_6335.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

先はまだまだ長いので、そろそろ蛭ヶ岳を後にします。 つづく・・・

丹沢主脈で蛭ヶ岳へ #1

地蔵尾根との格闘を終えて、地蔵平?の尾根筋を蛭ヶ岳方面へ進みます。

D72_6212.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

しばらくすると、蛭ヶ岳⇔姫次の中間地点の道標の裏から出てきて、丹沢主脈に合流~

D72_6217.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

一般道に乗ると、これまでとは打って変わって快適なトレイルが始まります。

D72_6218.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そして、階段地獄・・・

D72_6220.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ツルシロカネソウ

D72_6221.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ウロが印象的な古木。

D72_6235.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

カエデの新緑。

D72_6239.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そしてまた、階段地獄・・・

D72_6241_20180518212230a53.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

何度も襲い掛かる階段地獄・・・

D72_6256.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ここで大室山方面を見ると、犬越路からの雲が滝雲になりそうだった。
その下には、早朝に渡った檜皮橋も見えます。

D72_6263.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地蔵尾根との格闘でかなりヘロヘロなので、そろそろ足が上がらなくなってきた・・・ つづく。

地蔵尾根を行く #2

そしてついに、見たかった剣が目の前に~!
想像してたより、かなり小さい・・・

D72_6153.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

剣でちょっと遊んだら、こんなヤセ尾根を進みます。

D72_6170.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

トラロープで急登をやっつけたり・・・

D72_6174_2018051821211611c.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

カニの横這い状態の、こんな怖~い場所も通過。

D72_6183.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

なかなか気の休まる場所もない地蔵尾根をひたすら進みます。

D72_6187.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

こんな急登も頑張って高度を上げていきます。

D72_6189.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

使わせて頂いたロープの固定場所。
ロープが幹にめり込んでるので、設置後かなり時間が経ってるようですな。

D72_6190.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そしてズルズルな土の斜面をやっつけると~

D72_6197_20180518212123762.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地蔵尾根最上部にとーちゃく~! ウワサの急登を踏破~!

D72_6202.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

古~い道標が尾根に導いてますが、下りには使わない方がいい気がします。

D72_6206.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ウワサ通りハンパない急登でしたが、かなり楽しめました~ つづく・・・

地蔵尾根を行く #1

取付地点になんとか辿り着き、楽しみだった地蔵尾根を登り始めます。

D72_6100.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ロープが設置されてるけど、信用していいものか・・・
引っ張って強度を確認しながら利用させてもらいます。

D72_6101_20180518211957bab.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ルートとは思えないような岩の先に、目印のピンクテープがあります。

D72_6104.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

序盤に出てくる青いトラロープの垂直岩場が、一番難儀しました。

D72_6105.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

その後、ロープを使ったり木の幹や根っこを使って、ザレた急登をクリアすると~
なんだか尾根に乗ったっぽい?ここが馬酔木平か?

D72_6119_2018051821200262f.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地面に刺さるビン。

D72_6120_20180518212003212.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

基本的にザレた急斜面を必死に登って行きますが、たまに細~いトラバースもあり。
これはこれで怖い・・・

D72_6134.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地蔵尾根のどっかのピークに立っているという剣。
ここか~?と思ったが、剣の姿はナシ・・・

D72_6135_201805182120086ca.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ここにもない・・・ 剣はどこだ~?

D72_6139.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

ほとんど崩壊しちゃってるこんな場所も、根っこ伝いに通過します。

D72_6143.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

地蔵尾根に刺さっているという剣・・・一体どこにあるんだ~? つづく・・・

地蔵尾根への道

今シーズン最後の丹沢歩きは、以前から気になってた地蔵尾根を使ってみます。
まずは神ノ川ヒュッテ駐車場に車を停めて、林道を1時間弱歩きます。

D72_6011.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

途中に滝があった。孫右衛門の滝?

D72_6026.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

朝の木漏れ日の中、林道を進みます。

D72_6044_201805182119155b4.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

マルバウツギ?

D72_6047.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

檜皮橋を渡る。

D72_6053.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

広河原入口から堰堤に降りる。

D72_6058.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

河原を歩いていると、アリジゴクの巣を発見。
子供の頃はアリを落として遊んだな~

D72_6077_20180518211921692.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

岩水沢?との合流地点が対岸に現れると、そこが地蔵尾根の取付ポイント。
向こうに渡らなきゃ先に進めない~最近の雨の影響か、かなりの水量でちょっと不安になる自分・・・
しばらく渡渉ポイントを探して、飛び石で渡れそうな場所を1ヶ所発見。
しかし・・・最後の岩から対岸までは、跨げる距離じゃないけど?ジャンプする?

D72_6087.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

しばらく躊躇・・・そして意を決してジャ~ンプ!かろうじてドボンせずに渡渉成功!!
記念に振り返って撮影しておいた。

D72_6096.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そんな訳で。なんとか地蔵尾根の取付地点にとーちゃく。

D72_6097.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

さぁ!ここからは、ハンパない急登という噂の破線ルート「地蔵尾根」を進みます。 つづく・・・

蛭ヶ岳・臼ヶ岳 登頂

ヤマビルとの遭遇はイヤなので、先日5月16日は今シーズン最後になる丹沢山行。
今シーズンは日程と天候が噛み合わずあんまり歩けていませんが、
最後となる今回は、丹沢最高峰の蛭ヶ岳を絡めて未踏の尾根を攻めよう~ってコトで、
ハンパない急登というウワサの地蔵尾根&下降点からのヤセ尾根がコワそうな源蔵尾根を使って
裏丹沢を周回してきました。

まずは、地蔵尾根にある小ピークに刺さってる剣。

D72_6156_20180518211810d73.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

そしてお馴染み、蛭ヶ岳の丹沢最高峰標識。

D72_6344.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 35mm F1.8G

臼ヶ岳は道標に山名表示。

D72_6464.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

標高が高くなると、シロヤシオとトウゴクミツバツツジが満開でした。

この日のヤマレコはこちら~
蛭ヶ岳~臼ヶ岳(地蔵尾根↑源蔵尾根↓神ノ川ヒュッテより周回&ピストン)

高尾山・小仏城山・景信山・堂所山・陣馬山 登頂

ゴールデンウィーク中の5月2日、高尾山~陣馬山をピストン縦走してきました。
4月は天候に恵まれずガッツリ山歩きが出来なかったので、
今回はいかがなモンかと天気予報とニラメッコしてましたが、天気は下り坂の模様…
ホントは今シーズン最後の丹沢で蛭ヶ岳を絡めたルートを考えていたのに、
それは途中で雨に降られるとちょいと危険なルートなので、
今回は雨でもふつーに歩けそうな奥高尾縦走に変更してみました。

ってコトで、山頂標識を順番に~

7c7ce3d30c93dec7c41038db7f04622f.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

62ada2cc979535feaa857428d16e2b76.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

8283220a0d66a1ad86c5f7c876de1733.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

db9f743e2e251b63a26ebd2caf7b35a3.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

6fae97eef14b6c250900c5658cd3c0c4.jpg
Nikon D7200/AF-S DX NIKKOR 10-24mm F3.5-4.5G ED

そして今回は、こちらのバッジをゲット。

b2bbc8e4691ee466f2d840ea3857791b.jpg
Nikon D7200/AF-S Micro NIKKOR 60mm F2.8G ED

マイカー登山な自分なので高尾山~陣馬山の縦走だと必然的にピストンになってしまうのですが、
まぁ縦走と言っても低山だし、ちょっとくらい距離があっても大丈夫だろうと思って歩いて来ました。
しかし!いざ歩き終わってみるとトータルで約30kmの歩行距離に!いや~疲れた!

この日のヤマレコは~ ⇒ 高尾山~小仏城山~景信山~堂所山~陣馬山(高尾山口よりピストン)

Pagination

Utility

Blog Ranking

ブログランキングに参加しています。
にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
気に入った写真がありましたら、ポチッとな!
人気ブログランキングへ
クリックしていただけると嬉しいです^^

Profile

shuttle

Author:shuttle
 
2007年8月長男誕生。2010年5月長女誕生。
日々成長する子供たちをキレイに撮りたい!
って事で、2010年1月に Nikon D90 購入。
デジタル一眼で撮影した子供・風景・生物、
コンデジ撮影の水中写真をご紹介します。
2012年、ベランダでミニ盆栽始めました。
増え続ける盆栽をマクロレンズで随時撮影。
2015年、まだ見ぬ絶景を求めて登山開始。
山を歩きながら風景写真を撮ってます。

【陸上使用機材】
Body/Nikon
 D7200 (2015.12~)
 D90 (2010.01~)
Lens/Nikkor
 AF-S DX 10-24mm F3.5-4.5G ED
 AF-S DX 18-200mm F3.5-5.6G ED VRⅡ
 AF-S VR 70-300mm F4.5-5.6G IF-ED
 AF-S DX 35mm F1.8G
 AF-S Micro 60mm F2.8G ED
 Ai AF-S 300mm F4D IF-ED
Conversion Lens/Kenko
 Digital Teleplus PRO300 2X DGX
Lens Filter/Kenko
 ND400 PROFESSIONAL
 PRO1 Digital PRO ND16(W)
 PRO1 Digital R-CROSS SCREEN(W)

【水中使用機材】
FUJI FinePix F100fd (2008.08~)
 INON D-2000 + Fisheye FIX LED48EX
OLYMPUS μ750 (2006.11~)
Canon PowerShot S1 IS (2005.06~)

リンク&コメントはお気軽にどうぞ~
コメントにてURLをお知らせ頂ければ、
こちらからもリンクさせて頂きます。   

Category

openclose

Calendar

Search

Link

このブログをリンクに追加する?
⇒FC2   ⇒BlogPeople

Mail Form

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

Diving Log

Favorite Photo


ばかうけヘッドバット

澄んだ瞳に映るもの

絶叫イチョウ吹雪

ふたりのお正月

見上げた先にあるもの

冬の小さな芸術品

雲海富士

湖面鏡 ~夜明け~

輝き始める港町

海の日の海 ~マジックアワー編~

Christmas Fireworks #4

雲の切れ間から

Christmas Fireworks 2014 #6

初秋の光芒

キラキラの代償

晩秋の光の三原色

ダムのある風景

朝焼けの田園風景

湖畔に咲く花

桜色の季節 ~マクロ編~

Water Drop

ルリビタキ

ルリビタキ

キビタキ

キビタキ

カワセミ

カワセミ

カワセミ

エナガ

キセキレイ

ヒメアカタテハ

ソラスズメダイ

マダラハナダイ

バルスイバラモエビ

ムレハタタテダイ

ウミウシカクレエビ

Participation

   blogram投票ボタン

ブログサークル
ブログにフォーカスしたコミュニティーサービス(SNS)。同じ趣味の仲間とつながろう!

Counter

 since 2010.01

copyright

Copyright © 2010-2018
shuttle's photo lounge
All rights reserved.